アリアーテHARU  

 講師・教室紹介  

 
  • 梶山彩沙フラメンコ教室
​梶山 彩沙

1987年 福岡県出身。


幼少よりアーティスティック(シンクロナイズド)スイミングチームに身を置き体の基礎を作る。
 

引退後フラメンコに出会い日本では上藪洋子、ベニート・ガルシア、スペインではファルキート、ファラオナ、アンヘリータ・バルガス、カルメン・レディスマ、ルイス・ペーニャ、オルーコを始めとする多数のアルティスタに師事。
 

2008年度日本フラメンコ協会新人公演において奨励賞を受賞。
2009年度CAFマルワ財団コンクールにおいて奨励賞を受賞。
2011年度CAFマルワ財団コンクールにおいて準優勝。
2013年度CAFマルワ財団コンクールにおいて優勝。
2014年スペイン ロンダのコンクール Aniya la gitanaにおいて準優勝。同年グラナダの重要なフラメンコ・フェスティバル”Los veranos del Corral"の最終日にソロ出演。
2017年スペイン マドリッドのコンクール Baile Flamenco Villa Rosaにおいて優勝と観客賞をダブル受賞。
2018年マドリッドのタブラオ Las Carboneras、Villa Rosaに出演。同年グラナダのフェスティバル”Los veranos del Corral"に再度ソロ出演。


渡西を繰り返しながら、都内のタブラオや地方・海外でのライブ活動およびフラメンコクラスを開講中。

※クラスは火曜日、水曜日と、日曜日に行っています。

 「HARUクラスについて」ボタンをクリックしてご確認ください。

 
photo Yuki Omori
ヴォダルツ・クララ

神奈川県横浜市出身。

幼少の頃よりクラシックバレエやタップダンス、演劇を学び、舞踊や舞台に親しむ。

2002年より青木愛子の下でフラメンコを始め、上智大学在学中にフラメンコサークル“Alegrias”に4年間所属。

卒業後は青木愛子、浅見純子に師事。

2009年より青木愛子スペイン舞踊研究所に所属し、同スタジオの講師として幅広くクラスを担当する傍ら、都内各所のタブラオにて数多くのライブに出演。

2014年より短期渡西を繰り返し、スペインではラファエラ・カラスコ、ハビエル・ラトーレ、ロシオ・コラル、ラ・モネタらの下で、日本ではマヌエル・ベタンソス、アントニオ・エル・ピパ、アンヘル・ムニョス、サラ・カレーロら来日アーティストよりフラメンコ/スペイン舞踊を学ぶ。

2020年2月より独立。

新たなステージに活躍の場を求め、ソロでの活動を開始。

 

<受賞歴>
・2014年8月 「日本フラメンコ協会第23回新人公演」にて奨励賞受賞
・2020年2月 スペイン ヘレス・デ・ラ・フロンテーラにて開催された「Concurso Internacional De Baile Flamenco Puro フラメンコ・プーロ国際コンクール」ファイナル進出(PREMIO ESPECIAL CENTRO DE BAILE JEREZ受賞)

 

※クラスは木曜日に行っています。

 「HARUクラスについて」ボタンをクリックしてご確認ください。

 
中谷 泉 Con la tierra

1994年に大学のサークルにてフラメンコを始める。
2000年よりタブラオやイベント等に出演し舞台経験を積む。


2007年より教授活動スタート。
時間の経過とともにフラメンコの何に惹かれたのかはっきりしてきた。たった一歩で瞬間的に大地に根を張るようなペソ(重さ)、身体の奥底からほとばしるエネルギー、じわじわと伝わってくる熱っぽさ、ギター・カンテ・バイレが互いの呼吸を感じあって展開する妙。

 

多くを教わった方々、イスラエル・ガルバン、ソラジャ・クラビホ、大塚友美、カルメン・レデスマ、アデラ・カンパージョ。
 

大地とつながる身体づくりのために日々四股を踏むなど身体への興味は尽きない。

その想いを教室名 Con la tierra(大地と)に込めている。

 

※クラスは土曜日に行っています。

 「HARUについて」ボタンをクリックしてご確認ください。

 
ドミンゴ

東京都葛飾区出身47才
 

通称、ドミンゴ、どみちゃん
42才の時

 

ひょんな事からフラメンコに出会う。
以降フラメンコの楽しさに惹かれもっと楽しめるよう日々精進中。
2020年に憧れの地スペインはヘレスへ渡西!
本番の舞台にも月1回位で出演中。

楽しめる初心者入門ドミンゴクラスは金曜日行っています。
 

 

※クラスは月曜日と、土曜日に行っています。

 「HARUクラスについて」ボタンをクリックしてご確認ください。

  • ドミンゴ えんどうゆうじ
 

碇山 奈奈 スタジオエランヴィタール
 

鹿児島県生まれ。
上智大学入学と同時にフラメンコをはじめる。
早稲田大学英文科卒業後、スペインに渡る。

1978年  東京新聞主催・第1回「日本フラメンココンクール」で優勝。
      以降日本・スペインを往復しながら、フラメンコの創作、公演活動を続けている。
1987年  音楽舞踊の登竜門である「村松賞」を受賞。
1988年  「碇山奈奈 y マノレーテ プーロフラメンコ -カンテホンドの歌-」によって、
      「文化庁芸術祭賞」を受賞
1995年  「ジプシー歌集」により「河上鈴子スペイン舞踊賞」を受賞
1998年5月 体操世界大会(於福井県)オープニングセレモニー振付
2000年12月 ミレニアムを祝してオリジナル作品「忠臣蔵」(東京グローブ座)を発表。
        モダンダンスの若松美黄、講談師の田辺一鶴をゲストに迎え、異色の顔合わせとなる。
2003年1月 「忠臣蔵」(前進座劇場)再演。

現在、フラメンコ教室 スタジオエランヴィタール主宰。

 

●ビデオ作品
「ビデオで踊るアレグリアス」
「碇山奈奈 y マノレーテ プーロフラメンコ-カンテホンドの歌-」
「忠臣蔵」

 

●DVD作品
「自宅でクルシージョ アイレを支える心と身体」

 

※クラスは火曜日と、日曜日に行っています。

 「HARUクラスについて」ボタンをクリックしてご確認ください。

 
  • 三家本 夏美

三家本 夏美

5歳より20年間に渡りクラシックピアノに親しむ。主に吉田秋子氏に師事。

2011年より「ハルスタジオ」にてフラメンコとクラシコエスパニョールを奥濱春彦氏に師事。

2013年~2018年日比谷野外音楽堂で毎年開催される、小松原庸子スペイン舞踊団公演「真夏の夜のフラメンコ」に出演。

また、東京芸術劇場「小松原庸子スペイン舞踊団45周年記念公演」をはじめ、「第57回日本レコード大賞」、「日西交流400周年記念公演」、地方公演など同舞踊団公演・作品等に多数出演。

その他、マルワコンクールや都内タブラオに出演するなど幅広く活動中。

 

クラシックバレエを上原まゆみ氏、現在は楠元郁子氏に師事。

 

2018年より「ハルスタジオ」にて講師として初心者クラスを受け持つ。

 

2020年~草野櫻子氏に師事。

 

※クラスは木曜日に行っています。

 「HARUクラスについて」ボタンをクリックしてご確認ください。

 

三枝 麻衣


東京都出身。
10歳からフラメンコを始め、13歳で単身渡西。
その後数回の留学の間マリア・マグダレナ、ラ・チーナ、ファルキート、オルーコ他に師事

1999年第8回日本フラメンコ協会主催新人公演にて努力賞受賞
2004年第13回日本フラメンコ協会主催新人公演にて奨励賞受賞


古楽バンド「タブラトゥーラ」のコンサートに客演するなど全国各地の舞台やタブラオに出演。
また、(母)鈴木眞澄・(兄)三枝雄輔と共にファミリア・ラマスとしても活動中。
教授活動としては、踊り・唄・ギターの三位一体を目指したレッスン内容を基本としている。

 

 

※クラスは水曜日、土曜日に行っています。

 「HARUクラスについて」ボタンをクリックしてご確認ください。

  • 三枝 麻衣
 

山口 ゆりあ(バレエ)

 

幼少よりクラシックバレエを始める。
日本バレエ協会、舞踊作家協会、東京小牧バレエ団公演など参加。
コンテンポラリーダンスも学び、二見一幸氏、近藤良平氏作品などに参加。

 

2013年NPO法人バー・アスティエ協会 認定講師資格取得。
2018年BodyCode System in Italy認定 MasterStretch® マスターストレッチトレーナー レベル1〜3
2019年Body Element System JAPAN 認定 マット ピラティス トレーナー 

 

 

※クラスは土曜日に行っています。

 「HARUクラスについて」ボタンをクリックしてご確認ください。

 

中村 彩子(バレエ)

 

4才より深沢和子バレエ研究所(現バレエ団芸術座)にてバレエを始める。


1999年より日本バレエ協会公演に参加、近年はソリストとして出演。
2006年から2014年までNBAバレエ団に正団員として在籍、全ての公演に出演。

2002年慶應義塾文学部哲学科美学美術史学科卒業

指導においては、通常のバレエクラスだけではなくジャズやフラメンコなど異なるジャンルのダンスの向上につながるバレエクラスを長年続けている。
 

 

※クラスは土曜日、日曜日に行っています。

 「HARUクラスについて」ボタンをクリックしてご確認ください。

  • 中村 彩子
 

高関 テラ

 

1995年にフラメンコに出会う。

2001年、舞踊家わりさや憂羅氏に師事。

スペインのセビージャにて、フラメンコダンサー カルメリージャ・モントージャ氏に師事。

2003年初めてのソロ公演『浮葉』を上演してから、積極的に舞台公演に励む。

『夜が明けたら―』、『La Mascara~仮面~』、『秋の蝶』、『夢見草』、『Las Mascaras』を上演。

また、東インド舞踊オリッシーと初共演『飛天の夢踊』を東京と新潟で上演。

ソロでのライブ活動『風来舞』も定期的に行う。

舞踊家 奥濱春彦氏に師事し、さらなる芸の向上を目指し研鑽を積む。

現在はライブ活動を行い、東京、郡山でTERAフラメンコクラスとして後進の育成にも励んでいる。

 

※クラスは火曜日に行っています。

 「HARUクラスについて」ボタンをクリックしてご確認ください。

  • テラ 高関
 
  • 荻野 リサ

荻野 リサ

 

1983年生まれ。
父はスペイン人で、2016年に惜しまれつつ閉店した新宿エルフラメンコ初代ゲスト舞踊手のホセ・ミゲル 。
幼い頃から父親のフラメンコに触れて育ち強い影響を受ける。
6歳からクラシックバレエを始め、12歳でフラメンコへ転向。

2001年18歳で単身渡西。生活の拠点をスペインへ移す。
その後03年文化庁在外派遣芸術家として選ばれ、セビージャにてトロンボ、アンヘリータ・バルガス、ミラグロス・メンヒバル、ファルキートなど多くのアーティストに師事。

2007年日本フラメンコ協会主催新人公演にて奨励賞受賞。
2014年にはスペイン グラナダにてギタリストのエミリオ・マジャ率いるメンバーとして3公演でソロを踊る。
2015年には由緒あるグラナダのフラメンコフェスティバル『Los Veranos del Corral』に出演。
スペインで高い評価を得る。

現在は年に数ヶ月をスペインで過ごしつつ、東京・横浜・札幌でも自身のクラスを持ち教授活動にも力を入れている。

 

※クラスは水曜日、金曜日に行っています。

 「HARUクラスについて」ボタンをクリックしてご確認ください。

<アリアーテ東新宿>

〒169-0072 東京都新宿区大久保2-5-19

シティプラザ大久保1F

お問合せ先:flamenco.arriate@gmail.com

<自由が丘アリアーテ>

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-26-1

SS自由が丘ビル 地下1F

  • Facebook

<アリアーテHARU>

〒161-0034 東京都新宿区上落合3-10-3
加藤ビル地下1F